多くの邦人が勘違いしている花のチャット、菊は日本の国花ではありませんよ

日本には規律で定められた国花は無く、津々浦々を表徴始める花として「桜」と並ぶ「菊」が多く使われてあり、菊の花といえば皇室の「菊の御紋」ですが、鎌倉時代に後鳥羽上皇が菊の花を困難気に入り、その設計を衣料などに付けたことが由来と言われています。

衆参両国会議員の議員バッジにも金色メタル製の11弁の菊花匂いが用いられてあり、太平洋戦争時折大日本帝国海軍の軍艦の艦首には日本国の軍艦です所醸し出す金色にきらめくメタルの「菊の御紋」が付いていました。

菊は秋を代表する花のひとつで、九月九お天道様の重陽の節句(通称を菊の節句)には長生きを願って杯に菊を浮かせた菊酒を飲み込む仕来りがあります。

菊は中国が原産で日本には奈良時代の中期に入り、仙人の住処に咲く花として不老長生きの媚薬という花です。

菊には多くのランキングがあり、区別方法で「大菊」「古典菊」「小菊」「その他の菊」に分類されている。

「大菊」は直径が18センチ以上で花の形で厚品物、管品物、広品物と呼ばれている。

「古典菊」は江戸中期に各藩の大名家の入庫により風土のある進歩をした菊の総称で、その地名で呼ばれている。

「小菊」は、山野菊とも呼ばれる小輪の菊で花色も多く丈夫な菊です。

「その他」にも多くのランキングがあり、食用として原材料に選べる菊もあり花びらのちっちゃな物は刺身のツマとして大きなものは花びら自体を摂ることがあります。

普段は、仏花を考えてしまい「菊は縁起の酷い花」と思い気味ですが「菊を飾り付けると福が来る」や「菊を活けると適切子が育つ」などと伝えられ元日の縁起かざりとしても用いられている、菊の花は多くの邦人が勘違いしている日本の国花ではありません。リシリッチの使い心地