初種目を前に楽屋で共にメーキャップしあったり、ヘアを結う衣装

通りのカルチャー祭へ出席につきフラダンスの勉学を通してきたチームメイトが住民カルチャー会館の出席人間ウェイティングルームに集合したのは出演する2日にち正面でした。40畳ぐらい生じる部屋にお手玉を披露するグループ、太極拳のかたを演ずるグループ、乳幼児の舞踏グループなど雑然混然と入り込み、グループたび個人やバッグの輪が出来ました。私たちはまず、顔組み立てです。わたしは初めての結果傍を見回しながらバックを開けていると、振りかけ睫毛を擦り込みあったり、ペーパーに櫛を入れ結い動き出したり極めて普通に始まるのを見てじんと込み上げるような感情に統率されました。本当の兄妹みたいに思え、グループの結び付きの深さを感じました。立場が始まる前に感動している場合ではなく、目頭をきちっと拭い、睫毛を付けてもらい、経路を入れ、チークをさし、洋服に合わせねちっこい赤のルージュで鏡の前のわたしは別人です。ブラジャーの紐を最大限に厳しく高めパットを何枚も入れて上昇を図り、お尻もパットで補正に次ぐ補正でボデイラインがフラガールになって完了しました。見事に転身です。いつもと違う個人を立場で表現するのだというモチベーションが高まりました。
大丈夫、大丈夫と見るからに緊張しているらしいわたしへ仲間の同僚から声かけがあり、一段と来たましたがメイクが危ういと持ち堪えました。到来を待つ立場のそでにたどり着くと、法被を着た集団が次の出を控えていました。わたしみたいに初立場らしい個人が法被の背中をトンと仲間に叩かれ、立場へ歩んで行きました。http://www.garrett-asay.net/